シュエダゴンパゴダ完全図鑑で100倍シュエダゴンパゴダを理解する

シュエダゴンパゴダ

シュエダゴンパゴダ完全図鑑

シュエダゴンパゴダ

高さ99メートル(丘の高さ58メートルを含まない)
広さ約6万平方メートル(東京ドーム1.3個分)
塔頂部の装飾ダイヤモンド4351個(計1800カラット)
入場時間:AM5時~PM21時

↓クリックで詳細が開きます。↓

シュエダゴンパゴダへの顕著な巡礼者の服装
シュエダゴンパゴダへの服装

(1)女性はブラウス(肌の露出が多いもの)を着用してはいけません

(2)膝上の丈のショートパンツやスカートを着用してはいけません

(3)靴を履かないでください

(4)靴下やストッキングを着用してはいけません

シュエダゴンパゴダの入場料

ミャンマーの人は入場無料。2017年現在、外国人は8,000チャットの入場料金が必要です。

下のような緑色のシールが渡されるので胸に貼り付けておかなければならない。

シュエダゴンパゴダで胸に貼るシール

左写真が荷物検査所。右写真が料金所。料金所は東西南北の各入り口にある。

シュエダゴンパゴダの料金所、荷物検査所

シュエダゴンパゴダへの参拝方法

(1)シュエダゴンパゴダの参道にて参拝前に自分の生まれ曜日のお供え物を購入しましょう。

(2)最初はシュエダゴンパゴダの近くでお祈り。

お祈りの方法は座ったまま床に額をこすりつけるように3度体を深く折り曲げる。シュエダゴンパゴダの祈り方

(3)金箔を購入し、仏像に貼りましょう。自分の身体の良くなりたい仏像の部分に金箔を貼ると調子が良くなるとか。

(4)自分の生まれ曜日の神様に参道で購入したお供え物を供える。

あなたの生年月日を半角数字、西暦で入力してください。

年 
月 

(5)生まれ曜日の神様に備付けのカップで願い事をしながら年齢+1回、水をかける。

曜日 動物 方角 性格
日曜日 ガルーダ(トリ) 北東 太陽 カリスマ性、権力、行動力、欲深い、自己中心
月曜日 トラ 嫉妬深い、平和主義、気がやさしい
火曜日 ライオン 南東 火星 正直、情熱的、道徳家
水曜日-午前 牙のあるゾウ 水星 短気、議論好き、自由主義
水曜日-午後 牙のないゾウ 北西 ラウ
(架空の星)
冷静、陰謀的
木曜日 ネズミ 西 木星 温厚、人道主義
金曜日 モルモット(モグラ) 金星 わがまま、話し好き
土曜日 南西 土星 怒りっぽい、批判的、真面目

(6)最後にシュエダゴンパゴダの塔頂部に向かってお祈り。

シュエダゴンパゴダの地図

シュエダゴンパゴダの地図

シュエダゴンパゴダ

あまり知られていないスポット
虹色スポット
シュエダゴンパゴダの色が変わるこのマークを上の地図から探してください。
夜になると見る立ち位置によってダイアモンドの色が変わります。この場所に行ってこの文字を探しましょう!
シュエダゴンパゴダの色が変わる
文字の位置に立つと、緑、オレンジ、赤、黄色、青に色が変わります。
シュエダゴンパゴダの色が変わる
夜でも地面の文字は見えますので、しっかり探してください。
シュエダゴンパゴダの色が変わる
見ながら移動すると色が変化するのが分かります。
シュエダゴンパゴダの色が変わる
どういう仕組みになっているのか不思議です。
シュエダゴンパゴダの色が変わる
私はこの場所をミャンマー人のガイドさんも知らなかったので3人のガイドさんに教えました。
パゴダ
①シュエダゴン・パゴダ

シュエダゴン・パゴダは約2500年前に建てられたとされている。考古学的研究によれば6〜10世紀の間に建立されたと考えられている。地震によって幾度も破壊されており、現在の仏塔の原型は15世紀ころ成立したと考えられている。

シュエダゴン・パゴダの境内は、東西南北の門から入り階段(現在はエスカレーターもある)を上がった上部にある。境内は黄金のストゥーパを中心に60余りの仏塔や廟が林立する空間になっており、供物や土産物を売る店も数多い。

シュエダゴンパゴダ

②ナングドギパゴダ
③Htidawパゴダ
④ゴールドシュエダゴンパゴダレプリカ

仏像

⑤パッダヤ・ミーテシン・イメージ
⑥カクサンダ仏像
カクサンダ仏像は、右手を地面に垂らしているのが特徴の仏像。
⑦Kawnagammana仏像
⑧カッサパ仏像
⑨ゴータマ・ブッダ・イメージ
⑩パダシン仏像
繊細な衣装が施された銅製の仏像。
⑪Saedawmu ・ブッダ・イメージ
⑫ヒスイ仏像
カチン州産の翡翠から作った仏像。宝石関連企業と鉱業省が寄付した。
⑬日月仏像
⑭ブッダの聖なる歯の遺物のレプリカ
⑮シンソウプーの仏像
⑯シャンタルギ仏像
⑰神聖な髪の洗濯井戸
仏陀の聖なる髪の毛を最初に洗った井戸。現在は厳重な囲いで覆われていて中は見れない。
⑱ボーボー・アウンの仏像
17世紀にピィ周辺で活躍し、現在も人気の錬金術師ウィザー、ボーボー・アウンが寄付した。
⑲新イザゴナの仏像
⑳ピダピカン仏像
㉑新馬の仏像
㉒ダマゼジの仏像

ショールーム

㉓Maha Buddhavamsaショールーム
㉔博物館
㉕フォトギャラリー
シュエダゴンパゴダ

シュエダゴンパゴダ

シュエダゴンパゴダ

シュエダゴンパゴダ

シュエダゴンパゴダ

シュエダゴンパゴダ

シュエダゴンパゴダ

シュエダゴンパゴダ

㉖仏の足プリント
㉗ダママゼディ石碑
㉘ボシの木
㉙Boetaw Thikyar
㉚抱きしめる子供
㉛King Okkalapaの書籍
㉜生まれ曜日の守護動物
自分の生まれた曜日の守護動物のところへ御参りに行きます。

㉝勝利のポイント(幸運な地面)
㉞理事会理事長室
㉟外国人の入場料を支払う場所
ミャンマー人は入場無料。外国人は8,000チャットの入場料金が必要です。
2011年頃は3000チャットだったと記憶しているが、その後5000チャットになり2017年現在は8000チャットです。
下のようなチケットが渡される。また緑色のシールも渡されるので胸に貼り付けておかなければならない。
㊱望遠鏡
㊲メディカルセンター
㊳マネーチェンジャー
この写真はKBZ銀行。シュエダゴンパゴダには4ヶ所の両替所があります。いずれの銀行も日本円の両替が出来ます。

㊴Singu’s王の鐘
1852年にイギリス兵が持ち出し、運搬中に船が沈没したがミャンマーの人たちによって引き上げられ戻された鐘。
㊵王Tharyarwadyの鐘

シュエダゴンパゴダの年間イベント表

シュエダゴンパゴダでは年間を通して様々なイベントがある。
私が見たのは「機織り」「獅子舞」「踊り」「音楽発表会」など
 
ダウバン祭 → 3月の満月の日(ミャンマーの祭日)
シュエダゴンパゴダ最大のお祭り。お供えやお経を唱える人でごったがえす。
 
カソン祭 → 5月の満月の日(ブッダが悟りをひらいた日)
境内の菩提樹(ボダイジュ)に水をかける。
 
ダディンジュ祭 → 10月の満月の日(雨安居の終わり)
天界から仏陀が地上へ戻る日。夕方以降、パゴダの廻りを燈明でぐるりと囲む。
 
カティン祭 → 11月の満月の日
一日で織り上げた袈裟奉納する日。境内では終日かけて機織り競争を開催。

シュエダゴン・パゴダの歴史


1830年代初めに学んだ修道士、知識人、奨学生で構成されたシュエダゴン・パゴダの創設に関する伝統は次のようになっています。

シュエダゴンパゴダ写真集

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA


クリックで拡大
シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ"" シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ 

投稿特派員 さん