チャウッターヂー寝釈迦は日本人が作ったって事をご存知でしたか?


チャウッターヂー寝釈迦は高さ17.7メートル、長さ65.8メートル。
ヤンゴンで一番大きな圧感される寝釈迦です。
拝観時間は午前6時から午後8時。

このチャウッターヂー寝釈迦は最高部分は7階建ての建物の高さに匹敵する高さで、
普段の座った姿勢ではなく、肘を付いて寝転んだ状態で仏陀が見れるとして人気があります。
チャウッターヂー寝釈迦は1907年に最初に建てられましたが、
気候自然災害のために損害を受け1957年に解体され、1966年に再建されました。
チャウッターヂー寝釈迦の内部には、鉄の6層からなる構造で建設されました。

もう一つの独特な部分は、建設費全体が市民によって負担されたことです。
市民はすべてこの崇高な理由なので喜んで寄付しました。

寝釈迦の足の裏には108個の仏教宇宙観図絵が書かれている。
その絵は仏門・宇宙・自然・動物などなど黄金の仏教宇宙観図。

チャウッターヂー寝釈迦は大きな建物の中に寝ており観光時間は10分あれば充分です。
チャウッターヂー寝釈迦の廻りをぐるりと一周して終わりです。他に何もありません。
小さなお土産屋さんが1件ありますが、規模が小さく特に目新しいものはありません。
チャウッターヂー寝釈迦に行く場合はタクシーで行き、タクシードライバーに頼んで10分くらい駐車場で待っててもらうのが良いと思います。
 
最近、寝釈迦の足元に撮影用の足場台が出来て高い位置から、足元からの撮影が出来るようになりました。
 

チャウッターヂー寝釈迦の地図

チャウッターヂー寝釈迦は日本人が作った。

実は2015年6月のlivedoor news によるとチャウッターヂー寝釈迦は、なんと日本人の宮下夏生さんという方が建立したという事だ。
2015年に「10年前に建立したものだ」と書かれているので出来たのは2005年ということになる。
以下はlivedoor newsの記事を転載したものだ。

日本人がミャンマーで鎮魂の涅槃像建立、秘話明らかに
ミャンマーで観光名所となっている涅槃(ねはん)像がある。日本人が10年前に建立したものだということをご存じだろうか。

独占インタビューに応じるアウン・サン・スー・チー氏と親友の日本人女性・宮下夏生さん/(C)テレビ東京

テレビ東京系の経済情報番組「未来世紀ジパング~沸騰現場の経済学~」が、6月22日(月)のOAで放送時間を30分拡大してミャンマーの“現在”を特集する。

ミャンマーに知られざる巨大涅槃像があるとうわさを聞きつけ向かった取材班は、その像を日本人が建立したことをスクープ、涅槃像建立秘話に迫る。

その涅槃像があるのは“史上最悪の作戦”と呼ばれ5万人近くの犠牲者を出した「インパール作戦」の激戦地・カチン州のミッチーナ。長らく鎖国状態だったミャンマーで、外国人が立ち入ることができなかった地域だ。30m以上はある像の傍らに、インパール作戦で生き残った日本人・坂口睦さんの銅像がある。

そして戦後70年となることし、知られざる秘話が明らかになった。

インパール作戦では、“玉砕覚悟で突撃”が鉄則にもかかわらず作戦に背き、部下を逃して命を守った上で、自決した人物・水上源蔵少将がいた。ミャンマーで今も語り継がれる話で、水上少将は坂口さんの上官だった。

生き延びた坂口さんは水上少将や戦友、そして作戦に巻き込まれて亡くなったミャンマーの人たちを弔うため、50年かけて11億円を集め涅槃像を建てた。

ミッチーナに日本人が入れるようになったのは最近で、今も政府軍と“カチン民族”の内戦が続いている地域のため、この涅槃像をめぐる話はほとんど知られてこなかったという。

坂口さんは90歳を過ぎて、’12年に亡くなった。

ほか、番組では「もはや無視できない!アジア驚異の成長国!!ミャンマーSP」と題し、厚いベールに包まれていた“最後のフロンティア”ミャンマーを徹底解説する。

軍事政権から民政に移管されてからわずか4年の間に遂げた急成長の過程で、超高級車を何台も持つ億万長者が誕生し、高級マンションやショッピングモールの建設ラッシュが続く。

その一方、庶民の間にもかつての日本の高度成長期を彷彿(ほうふつ)とさせる一獲千金の“ミャンマードリーム”を追い求める熱気が漂う。

そんな千載一遇のチャンスを逃すまいと日系企業も続々と進出し、4月には外資系銀行として初となる日本の大手銀行も参入している。

さらに取材班はミャンマーの鍵を握る人物であるアウン・サン・スー・チー氏に独占インタビュー。長く軍事政権によって軟禁されてきた自宅にカメラが入り、日本との未来について語った。

今秋には民政移管後初となる総選挙も実施される予定で、「真の成長国」になれるのか、今まさに岐路立つミャンマー。日本人がまだまだ知らないミャンマーの未知なる可能性と、沸騰現場の数々が明かされる。
出典:http://news.livedoor.com/article/detail/10255124/

投稿特派員 さん