ミャンマーの民族一覧

Wikipediaを元にミャンマーの民族一覧を制作してみた。

ミャンマーの民族(135の民族)

ミャンマーの民族は大きく分けて8つあるが、細かく分けると合計135の民族に分かれる。

1.ビルマ族=9の民族から構成されている。
2.シャン族=33の民族から構成されている。
3.カレン族=11の民族から構成されている。
4.カチン族=12の民族から構成されている。
5.ラカイン族=7の民族から構成されている。
6.チン族=53の民族から構成されている。
7.モン族=1の民族から構成されている。
8.カヤー族=9の民族から構成されている。
 合計=135の民族

ミャンマーの人口は5100万人。その約7割がビルマ族。残りの3割が少数民族。
最も少ない民族は数件(数家族)の村で数住人の民族もある。
 
では、8つの民族の詳細を詳しく説明していこう。

ビルマ族

ビルマ族(ビルマ文字: BamaLumyo.png, Bamar)は、人口の半数以上を占めている民族であり、ビルマ族(バマー族)、タヴォイ族、ベイ族(メルギー族)、ヨー族、ヤベイン族、カドゥー族、ガナン族、サロン族(モーケン族)、ポン族(プン族)と呼ばれる9の人種によって構成されている。

ビルマ族は、ミャンマー人口の約68%を占めるミャンマーの一番多い民族です。

シャン族

シャン族 (Shan) は、シャン族、ユン族(ラオ族)、クワイ族、ピイン族、ヤオ族、ダノー族(サノー族)、パレ族、イン族、ソウン族、カム族、 コー族(アカ族、イコー族)、Kokant(コーカン)、カムティシャン族、クン族、タウンヨー族、ダヌー族、パラウン族、 ミャウンジー族、インチャー族、インネッ族、シャンカレー族、シャンジー族、ラフー族、インダー族、Eik-swair、パオ族(トンスー族、黒カレン族)、タイ・ロイ族、 タイ・レム族、タイ・ロン族、タイ・レー族、マインタ族(アチャン族)、モーシャン族、ワ族と呼ばれる33の人種によって構成されている。

シャン族は、ミャンマーの人口の約9%を占めるをミャンマーの2番目に人口の多い民族です。

カレン族

カイン族、またはカレン族 (Kayin) は、カレン族、カレンビュー族、Pa-Le-Chi、MonKayin (Sarpyu)、スゴー族(スゴーカレン族)、Ta-Lay-Pwa、パク族(パクカレン族)、ブエ族(ブエカレン族)、モーネプワー族、モブワ族、Shu (Pwo) と呼ばれる11の人種によって構成されている。

カレン族は、ミャンマー人口の約8%を占めるミャンマーの3番目に人口の多い民族です。

カチン族

カチン族 (Kachin) は、カチン族、タロン族、ダラウン族、ジンポー族、ゴーリー族、カク族、ドゥイン族、マル族(ロンウォー族)、ラワン族、ラシ族(ラチ族)、アツィ族、リス族と呼ばれる12の人種によって構成されている。

カチン族は、ミャンマー人口の約7%を占めるミャンマーの4番目に人口の多い民族です。

ラカイン族

ラカイン族 (Rakhine) は、ラカイン族(英語版)(アラカン族)、Kamein、カミー族、ダインネット族、マヤマジー族、ムル族、テッ族(サック族)と呼ばれる7の人種によって構成されている。

ラカイン族は、ミャンマー人口の約4%を占めるミャンマーの5番目に人口の多い民族です。
ロヒンギャ族はこのラカイン州に住居しますが、ミャンマーではロヒンギャの存在そのものを否定し、バングラデシュの不法移民であるとの主張から、「ဘင်္ဂါလီ(ベンガル人)」と意図的に呼ばれている。

チン族

チン族 (Chin) は、チン族(英語版)、Meithei (Kathe)、サライン族、Ka-Lin-Kaw (Lushay)、Khami、AwaKhami、Khawno、Kaungso、KaungSaingChin、Kwelshin、Kwangli (Sim)、Gunte (Lyente)、Gwete、Ngorn、Zizan、Sentang、SaingZan、Za-How、ゾトン族、Zo-Pe、ゾウ族、Zahnyet (Zanniet)、Tapong、ティディム族 (Hai-Dim)、Tay-Zan、Taishon、タドー族、Torr、Dim、Dai (Yindu)、ナガー族、Tanghkul、Malin、Panun、Magun、Matu、Miram(マラ族)、Mi-er、Mgan、Lushei (Lushay)、Laymyo、Lyente、Lawhtu、ライ族 (Haka Chin)、Laizao、Wakim (Mro)、Haulngo、アヌー族、Anun、Oo-Pu、Lhinbu、アショウ族 (Plain)、Rongtuと呼ばれる53の人種によって構成されている。

チン族は、ミャンマー人口の約2%を占めるミャンマーの6番目に人口の多い民族です。

モン族

モン族は、モン族と呼ばれる1の人種によって構成されている。

現在800万人程度がモン族を自称している。

カヤー族

カヤー族 (Kayah) は、カヤー族(カレンニー族)、ザヨウン族(ラタ族)、カヤン族(パダウン族)、ゲーコー族、Kebar、ブレ族(カヨー族、コヨウ族、ラク族)、マヌマノー族(マノー族)、インタレー族、インバオ族と呼ばれる9の人種によって構成されている。

首長族で有名なカヤー族。ミャンマーとタイを合算した総人口は30,000人とも40,000人とも言われるが、民族範疇がはっきりしないことに加え、タイとミャンマーを行き来している者がいる事や、ミャンマー側の統計が怪しいことから実数は判明していない。カヤー族の女性は耳タブに大きな穴をあけて直径5cmくらいの円盤形のイヤリングを嵌める伝統がある。
 

ミャンマーの言語

ミャンマー語(ビルマ語)は国の公用語ですが、民族の言語は大きく分けて6つ。細かく分けると、少なくとも108の異なる民族言語があります。

ミャンマーの宗教

ミャンマーでの宗教は人口の約80%が仏教であり、他の宗教にはキリスト教、イスラム教、ヒンズー教、アニミズムなどがあります。

ミャンマーの独特な民族

ミャンマーのナガ族

伝統的なナガの衣装は、世界でも最高の衣装のひとつです。
通常、帽子を着る祭りのNaga男性は、羽、貝、魚の骨でできています。


ナガ族は主に、インドとの境界にある山の東斜面に住んでいます。ナガ族はインドの国境とチンドウィン川の間に現在サガングの西部に住んでいます。
19世紀半ばに英国がビルマを侵略したとき、ナガは英国の植民地主義者たちに対して非常に苦労していたが、部族間のつながりの欠如は自治を得ることができなかった。ヨーロッパでの第一次世界大戦でナガ人が17,000人も戦闘に入った後でさえ、ナガの連帯が高まり、ナガの独立運動へと導かれました。 gomyanmartours.com

ミャンマーのワー族 (ワ族)


ワ族はシャン州の北東にある山間部に住んでいます。英国の植民地支配の間、ワ族は嫌われ、恐れられた。英国の植民地は、彼らへの提出に応じて2人のワー族を区別する。
首刈りの習慣を持つ民族。彼らは敵の頭蓋骨によって村全体を飾りつけ、霊が彼らのフィールドを保護していたことを喜ばせました。何十年もの間、約2万人の反政府勢力であるミャンマー政府は、ゴールデントライアングル地域におけるアヘンの生産、備蓄、貿易の主要な力となっている。 gomyanmartours.com

ミャンマーのカヤー族


カヤー族は、カヤー州の孤立した山間部に定着したレッドカレンまたはカレンとしても知られています。ビルマの少数民族の多くは伝統的にアニミズムやスピリチュアリズムを練習しているので、カヤは英国の植民地支配の時にクリスチャン宣教師の主題にすべきである。カヤの伝統衣装の主な色に由来する “赤カレン”という名前は、民族カイン(Karen)の衣装といくつかの類似点を持っています。
今日、カヤはミャンマーの人口構造のごく一部を占めています – 1%未満です。カヤの大部分は農業を営んでいます。さらに、タイのメーホンソン州に多数のカヤー族が住んでいます。 gomyanmartours.com

ミャンマーのモン族


西洋の歴史家によってテーリングと呼ばれるエスニックモンは、タイ近郊のビルマ人の最初のグループの1つです。他の少数民族と同様に、モン王国は近隣諸国によって徐々に侵略され、彼らの存在と影響力がぼやけました。現在、モンはビルマと完全に同化しており、2つのグループを区別することはできません。モン族の芸術の特徴は、他の民族によっても借りられています。
しかし、モン族はミャンマー人口の2%を占めますが、モン族の芸術文化はビルマ人の生活に大きな影響を与えます。 gomyanmartours.com

ミャンマーのシャン族


ミャンマーの人口の約9%を占めるシャン族は、ビルマの後の第2の主要民族です。シャンは背が高く、明るい肌を特徴としています。彼らはラオス、タイ、カンボジア、テイ、ベトナムのヌンに親戚がいます。ほとんどのシャンは農家で、川の谷に住み、シャン高原の盆地を隔離しています。ほとんどのシャン族は仏教を練習し、彼らはまた「泰」と呼ぶ。タイ、ラオス、バンナムの各州との民族、文化、言語民族との関係により、タイとラオスの言語が知られていれば観光客はシャンと通信できる。伝統的に、シャンは靴下と幅の広い帽子を着ます。男性は入れ墨で識別されます。彼らは入れ墨が彼らに運をもたらすと信じています。今日、都市のシャン族は、民族衣装を着る儀式を除いて、多くの場合、ビルマのようなロングイを着用しています。 gomyanmartours.com

ミャンマーのKayin(カレン)族


カイエン人(カレンとも呼ばれる)は、ミャンマー人口の約8%を占めるミャンマーの3番目に人口の多い民族です。SgawとPwoはカレン族の2つの主要グループで、主にシャン、カレン、イラワディ川の平野の高地に住んでいます。Kayinの人々はアニミズムを練習するが、Kayinの村のいくつかはカトリックを練習し、一部は仏教徒である。
Kayinの人々は非常に高い自立感を持っており、ミャンマー政府との間で停戦合意を決してしていない。しかし、Kayinの小グループの多様性のために、彼らは決して本当のつながりを持っていませんでした。今日まで、キリスト教徒のカインに対する仏教徒のカインとビルマのグループ。
Kayinの男性と女性のコスチュームは、ストライプやパターンのあるロングイが特徴です。これは通常、他の少数民族の女性のためのものです。 gomyanmartours.com

ミャンマーのカチン族


カチンはしばしばジンパウと呼ばれ、ミャンマー人口の7%を占めています。彼らは主に中国のバンナム県と接するカチン州に住んでいます。彼らは自分のスクリプトと言語を持ち、勇敢な戦闘精神で有名です。ホクは、英国植民地時代の西側宣教師の主な目的である。カチン人の約36%がバプテスト系統やカトリック教徒の大部分を含むキリスト教徒です。Kachin地域のほとんどの地域は赤道に位置しているため、極端な気候:夏は非常に暑く、冬は寒いです。これが、カチンが伝統的な衣装を放棄して、この地域の気候条件に適応するためのシンプルな服を着らなければならなかった理由です。

小さな部分はまだカチンの伝統的なドレスを着ています。外国人観光客はしばしば、インディゴ、グリーン、パープルのような色々な色を持つカチン人の長い時代に捕らえられます。フェスティバルの間、女性は通常、コート上に丸いまたは正方形の銀銀と組み合わせたジグザグモチーフで装飾された短いウールドレスを着用する。
英国の植民地がミャンマーを支配し、カチンに自治権を与えた後。ミャンマーの政治状況はいつもストレスを感じました。1961年、Uヌ(U Nu)首相がミャンマーの宗教である仏教を宣言した後、カチンは自らの軍隊に反対し正式に軍隊を編成した。1994年まで、カチンは政府との停戦合意に調印したが、「カチン民族組織」は引き続きカチン族の自治権を得るために闘争を続けている。 gomyanmartours.com

ミャンマーのラカイン族


Rakhineの人々は以前はArakanとして知られています – ミャンマーの人口の約4%を占め、大部分は仏教です。彼らの最後の古代の首都はバングラデシュの隣のラカイン州のMrauk Uの中心部に位置しています。その言語はビルマ語といくつかの点で類似しています。入植者の地理的位置のために、Rakhineの人々はインドの文化に影響を受けました。ほとんどのビルマ人の目には、ラクーン民族はハイブリッドです – ビルマとインディアンが混在しています。Rakhineの人々は非常に才能の良い織物です、彼らの製織製品はミャンマーで非常に人気があり、複雑なパターンと目を引くLongyiスカートのモデルです。Rakhineの人々の少数のグループは今もRohingyaとして知られているイスラム教徒を練習しています。 gomyanmartours.com

ミャンマーのチン族


チン人は山岳地帯に住んでおり、主にインドとバングラデシュと西に隣接するチン州の地域に集中しており、ミャンマー人口の約2%を占めている。チンの人々はシンプルな伝統的な服装で田舎の生活様式で生活しています。男性は暖かい天気の月にふさぎを着て、薄くなると薄くなります。女性たちは複雑な模様を織り、刺繍の外套を着用しています。チンのユニークな習慣は徐々に浸食され、チンの女性の顔に入れ墨をするのが慣例です。入れ墨は、鼻の上から始まり、黒いスパイダーウェブの形で下方に広がる、女性の顔全体を覆う。まぶたさえも刺青されました。入れ墨の習慣は、女の子が12歳または13歳になったときに行われます。

伝説によると、チンは若いチンの女の子が南王国のラカイン王子によって奴隷になるのを避けるためにこれをしている。この習慣は、第二次世界大戦後に衰退した。現在、チン族の多くの村では、訪問者はまだ顔を入れ墨している高齢者を見ることができます。  gomyanmartours.com

投稿特派員 さん