ミャンマーへの観光VISA(ビザ)免除2018年10月より

2018年10月1日よりミャンマーへの観光VISA(ビザ)が免除されます。

ミャンマー観光業協会のマウン・マウン・スェー副会長は、10月1日から日本人と韓国人の観光客は入国ビザが免除されると発表した。The Voice紙が6月11日に伝えた。
同副会長は「関係省庁が昨年から協議を続けてきた結果、日本と韓国の観光客にはビザ免除を、中国の観光客にはアライバルビザを与えることになった。10月1日から1年間を試行期間とし、効果が確認されれば継続される。減少している外国人観光客を増やすための措置だ」とコメントした。(2017年のミャンマーへの外国人観光客数は340万人)また、ある旅行社の経営者も「6月9日に開催された観光写真展にホテル・観光省大臣が出席した。その際に、10月1日から日本と韓国の観光客にビザを免除するとの発言があった」とコメントした。

日本のパスポートは、ビザなしで入国できる国数が世界一であることから「最強のパスポート」と言われますが、それでも未だにビザが必要な国も多数存在しています。

そのビザが必要な国だったミャンマーですが、今まではビザ発行に50USDがかかっていましたが、なんと観光ビザが免除されることが明らかになりました!

ミャンマーへの観光VISA(ビザ)は、日本人と韓国人に対しビザが免除

2018年10月1日から日本人と韓国人に対しビザが免除になるとのこと。

ミャンマーへの観光VISA(ビザ)免除期間中の滞在可能日数

ミャンマーへの観光VISA(ビザ)免除期間中の滞在可能日数は28日間

日本人と韓国人に対しビザが免除の試行期間は1年間

ビザ免除は、試行期間として2018年10月より1年間。効果が見られた場合に、継続してビザ免除となるそうです。

ミャンマー入国の中国人への観光VISAは

中国人観光客に対しては、アライバルビザが与えられ到着後ビザが発給されます。

投稿特派員 さん