台南のグルメで一番美味しいのは「牛肉湯」中でも「文章牛肉湯」が一番


今回、台南に来た理由は「文章牛肉湯」の「牛肉湯」を頂くのが目的。
それだけの為に台南に訪れるくらい「文章牛肉湯」の「牛肉湯」は美味しい。

牛肉湯とは

牛肉湯とは生の牛肉に沸騰した特製のスープを注いだだけのシンプルな料理です。
台南の名物の料理であり、スープをかけた肉厚の牛肉は、しゃぶしゃぶのような柔らかい食感になります。

その牛肉湯のスープにも牛肉にも店それぞれのこだわりがあり
人気店とそうでない味の決め手となるのです。
私がいつも訪れる「文章牛肉湯」はスープも最高!牛肉も最高!なのです。
 
スープは牛骨の効いた中華味のスープに
牛肉は5mm近くある肉厚の牛肉。その柔らかさは絶妙な食感です。
どうすればこんなにも柔らかく牛肉に火を入れる事が出来るのだろうかと思う程です。

牛肉湯以外にもサイドメニューは沢山あり、私は野菜炒めもいただきました。

文章牛肉湯の場所は


文章牛肉湯は台南の安平區安平路300號にあります。

台南駅からバイクで約15分。タクシーでも20~30分で行けるでしょう。
文章牛肉湯は安平區は古い町並みを楽しめる「安平老街」へ向かう途中にありますのでついでに観光も楽しめます。
台南の周辺は台湾を代表する牛肉産地なので、台南市内にはおいしい牛肉湯が食べられるお店が沢山ありますが、中でも文章牛肉湯はその中でも超有名店です。

文章牛肉湯の混雑具合

文章牛肉湯は常に混雑していて並ばないと食べられないイメージがあります。

しかし、回転が非常に早いので多くの人が並んでいても比較的早く順番が回ってくる効率的なお店です。
朝7時~8時頃、お昼11:30~13:30、夕方18:00~20:00頃を外せば並ばずに食べられるでしょう。

文章牛肉湯の営業時間

営業時間:17:00〜14:00
月曜日祝日:毎週月曜日の午後2時~火曜日午前10時30分まで休館

始めて文章牛肉湯に行った時は午前11時後に行って牛肉湯を食べました。
感動して、もう一度食べようと、その日の15時頃に再度訪問すると閉まっていてショックを受けた記憶があります。
14:00〜17:00は閉まるのです。
毎週月曜日の朝10時から火曜日の午前10時30分まで休館までも閉まっているの注意です。

文章牛肉湯の注文方法

文章牛肉湯に到着したら、まず席を確保してレジに向かって注文表をとペンを取ってください。

このようなメニュー表とペンが置いてあるので勝手に取っても大丈夫です。

このメニュー表に食べたいものをチェックとテーブル番号を記入してレジで支払いをすれば注文したものが記入したテーブルに届くというシステムです。
注意しなければいけないがテーブル番号を記入するのを忘れない事です。
そして、中国語が読めなくてメニュー表が分からない時は
他人のテーブルを見回して食べたいものを指差して、メニュー表を見せてこれはどれか?を聞く方法です。
私は、どこの店でもこの方法で乗り切っています。(笑)

牛肉湯の美味しい食べ方

一緒のテーブルの台湾人の人に教えてもらった食べ方です。
テーブルの備え付けの薬味と一緒に牛肉を食べるそうです。
千切りの生姜、にんにく醤油を混ぜて挟んで牛肉だけを食べます。

私は薬味は無しでも十分に美味しく思いますが、現地の人の食べ方も試してみてください。
 

台湾のテレビで紹介された文章牛肉湯


 

文章牛肉湯の公式サイト

http://www.winchangbeef.com.tw/

ついでに

すぐ近所にあるサバヒー専門店も美味しいのでどうぞ!美味しいですよー

投稿特派員 さん