チムカルビのレシピ|韓国人に教えてもらった大邱(テグ)の味を再現


韓国人の大邱へ行った際に食べたチムカルビの味が忘れられず家庭で再現したいと思い、韓国食材ショップに行くと偶然にも大邱のチムカルビのレシピを知るおばさんに遭遇して聞き出した完全なレシピ!自宅で作ってみるとチムカルビ本場の大邱(テグ)の味を完全に再現が出来ました!

チムカルビの材料

骨付きカルビ(無ければ骨無しカルビ)500グラム
玉ねぎ 1個
ニンニク 丸ごと3個
白ネギ 半分
黒こしょう 適量
コチュジャン(甘口) 大さじ3
醤油 大さじ2


玉ねぎを半分スライス。半分はみじん切りにする。
ニンニクは大粒、小粒を半分ずつになるように分けて、大粒の方をスライスにする。小粒の方はみじん切りにする。
白ネギは全てみじん切りにする。


みじん切りにしたニンニクと玉ねぎを炒めてから、黒こしょうで下味を付けたカルビ肉を炒める。肉に火が通ったら、白ネギのみじん切りを入れる。


ある程度、火が通ったらコチュジャンと醤油を入れ、よく混ぜる。水分が出てきたら焦げ付かないように混ぜながら中火で煮込む。水分にとろみが付いたらチムカルビの出来上がり。

チムカルビを食べるときのコツ・ポイント


チムカルビを食べる時はエゴマの葉や、サンチュで巻いて食べると美味しい。

今回使ったコチュジャンはこちらです。

投稿特派員 さん